金札宮の御朱印情報/京都市伏見区

京都市伏見区にある「金札宮」の御朱印を紹介をします。

スポンサーリンク

御朱印

金札宮の御朱印


初穂料:300円

境内案内

能の謡曲「金札」の舞台

金札宮は、奈良時代の天平勝宝二年(750年)長さ二丈ほどの大きな流れ星が降るという異変があり、孝謙天皇が深く心配し思案されていました。
その時に、伏見久米の里の翁が、白菊を植えて楽しんでいる行いが、とても奇妙なので、里人が翁に名前を聞いたところ、「吾は、太玉命で天下の豊秋を喜び、年久しく秋ごとに白菊を賞でて来たり、もし干天で、稲が枯れる時には白菊の露を潅がむ。」と答え、手にした白菊を振ると、清らかな水が湧き出しました。さらに「人々一度この白菊に霑えば、たちどころに福運が着て、家運は長く隆盛し、子孫繁栄し、火災の禍から除かれるであろう。」と言ったそうです。
里人はおどろいて、天皇に報告したところ、天皇はたいへん喜んで「金札白菊大明神」の名前を与え、里人は協力して社殿を造営しました。

そして、建設中に突然金の札が振ってきたそうです。
札には、「永く伏見に住んで国土を守らん」という誓が書いてありました。
何事かと人々が集まって来るうちに、天から声がして、
「我こそは天照大神より遣わされた天太玉命なり、我を拝まんとすれば、なお瑞垣を作るべし」と、聞こえたそうです。
そこで里人たちは、本社と金札を祀る「金札の宮」を立てたと伝えられています。

観阿弥が作った能の謡曲「金札」にもなっています。

近年は金運のパワースポットに

金札宮は伏見でも最も古い神社のひとつといわれています。

御利益は、五穀豊育・火難除去・家運隆昌であるのですが、近年は金札の名前から金運アップのパワースポットになりつつあるようです。

樹齢は1200年以上の御神木

境内には樹齢1200年に達するとも言われるご神木のクロガネモチがあります。京都市の天然記念物にも指定されていて、冬になると木々いっぱいに赤い実を付けます。

このご神木「クロガネモチ」も、“金持ち”に転じる事から金運アップの木として親しまれているようです。

神社情報

御祭神

天太玉命(あめのふとたまのみこと〈白菊明神〉)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

所在地

京都府京都市伏見区鷹匠町8

公式サイト

http://www.kinsatsugu.jp/

地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




ブログランキング

投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ 

フォローする

リンク広告




スポンサーリンク
レクタングル(大)