大蓮寺の御朱印情報/京都市左京区

京都市左京区にある「大蓮寺」の御朱印を紹介をします。

スポンサーリンク

御朱印

大蓮寺の御朱印(阿弥陀如来)

大蓮寺の御朱印(十一面観音)

※洛陽三十三観音霊場第8番札所

大蓮寺の御朱印(薬師如来)

境内案内

安産祈願祈願の阿弥陀如来

大蓮寺(だいれんじ)は、山号は引接山。院号は極楽院と称します。後光明天皇が当寺に夫人の安産祈願を命じたことから、通称「安産祈願の寺」として知られていて、本尊の阿弥陀如来の他に札所本尊として十一面観音を安置し、洛陽三十三観音霊場第8番札所となっています。 また、明治から大正にかけて、18世住職芳井教岸の直弟子籏玄教(はたげんきょう)は「走り坊主」の通称で知られ、奇行や貧困層に対する施しは、京都名物として有名で、1918年(大正7年)の新聞紙面で「今一休」とたたえられています。


慶長5年(1600年)深誉が現在の京都市下京区に創建したのに始まる。伝承によると、慶長5年のある日、深誉は伏見の地で金色に輝く阿弥陀如来を見出し、誰も供養する者がないことをもったいなく思い、持ち帰って五条に仏堂を建て安置した、これが大蓮寺と言われています。しかし、後になってこの阿弥陀如来は真如堂(真正極楽寺)の阿弥陀如来であることがわかり、真如堂に訴えられて返還することになりました。残念に思った深誉が二十一日間の念仏を修したところ、最後の夜に旅の僧があらわれ共に念仏するが、次の朝には旅の僧の姿はなく、その代わりに本尊の阿弥陀如来が分かれて二体になっていたそうです。一体は真如堂に返還し、もう一体はこれまで通り、大蓮寺の本尊として祀ったと言われています。
その後、後光明天皇の夫人である典侍庭田秀子が難産に苦しんでいたため、大蓮寺に安産祈願の勅命が下りました。祈願の甲斐あって第一皇女の孝子内親王は無事出生しました。後光明天皇崩御の後は有栖川職仁親王がその信仰を受け継ぎ、その縁で寺紋は有栖川宮紋となっています。

寺院情報

宗派

浄土宗

御本尊

阿弥陀如来(あみだにょらい)

所在地

京都市左京区東山二条西入1筋目下ル457

公式サイト

http://www.anzan-no-tera.jp/

地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
レクタングル(大)