妙心寺塔頭 長興院の御朱印情報/京都市右京区

右京区

京都市右京区にある妙心寺塔頭「長興院」の御朱印を紹介をします。

御朱印

長興院の御朱印(阿羅漢)

※書置き

長興院の御朱印(達磨大師/大雄殿)

※書置き(見開きサイズ)

長興院の御朱印(大黒天)

※書置き(見開きサイズ)

他に、達磨大師/九天・龍図/大雄殿・龍図/九天・干支/寿の御朱印があります。

境内案内

織田家家臣の滝川一益が創建

天正9年(1581年)に、武将・滝川一益(たきがわかずます)が、妙心寺56世・九天宗瑞(くてんそうずい)を開祖に請じて創建しました。当初は暘谷庵(ようこくあん)と称していました。慶長11年(1606年)に、武将・津田秀政(つだひでまさ)が再興し、暘谷院と号しました。以後、津田家の菩提所となりました。


1635年、秀政没後、その法名「暘谷院殿清岳宗規居士」に因み院号を長興院と改められました。その後、貞享3年(1686年)に現在地へ移建されました。
元禄5年(1692年)に、大雲院を併合し、明治11年(1878年)に後園院を合併しました。本堂は、平成23年(2011年)に再建されました。

また、境内には「願い地蔵」と「出世岩」があります。

妙心寺の御朱印

妙心寺の御朱印情報

寺院情報

宗派

臨済宗妙心寺派

御本尊

  • 釈迦如来(しゃかにょらい)

所在地

京都市右京区花園妙心寺町63

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました