水火天満宮の御朱印情報/京都市上京区

上京区

京都市上京区にある「水火天満宮」の御朱印を紹介をします。

御朱印

水火天満宮の御朱印

境内案内

日本最初の天満宮

延長元年(923年)に、醍醐天皇の勅願により水難火難除けの守護神として延暦寺の尊意僧正に勅命があり、菅原道真の神霊を勧請し建立されたのが始まりです。水難火難除けの神として知られ、もと上京区上天神町にありましたが、堀川通の拡張により昭和25年に、現在地に移転しました。境内には、道真の霊が降り立ったといわれる「登天石」、近年出世した人が寄進した「出世石」、眼病に効くといわれる井戸水「金龍水」や安産の石「玉子石」があります。

水火天満宮が「日本最初の天満宮」と号するゆえんは、『天皇の勅命にて神号を賜り、天満宮とした事』と、『初めて道真公の神霊を勧請した事』によります。

神社情報

御祭神

  • 菅原道真公(すがわらみちざねこう)

所在地

京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722-10

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました