本能寺塔頭 龍雲院の御朱印(御首題)情報/京都市中京区

中京区

京都市中京区にある本能寺塔頭「龍雲院」の御朱印(御首題)を紹介をします。

御朱印

龍雲院の御首題

龍雲院の御朱印

※表門に「② 御朱印所」という看板が出ていれば御朱印を頂けます。

境内案内

蛤御門の変では、龍雲院のみ焼失を免れる

龍雲院りょううんいん)は法華宗本門流の大本山・本能寺の塔頭で、龍雲院日政大徳が創建しました。1864年(元治元年)の蛤御門の変(禁門の変)では龍雲院だけが焼失を免れたが、本能寺(ほんのうじ)と龍雲院以外の塔頭は焼失しました。

本能寺は1582年(天正10年)本能寺の変によって焼失し、1591年(天正19年)関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移って再建されました。

本能寺の御朱印

本能寺の御朱印情報

本能寺の御朱印(御首題)情報

寺院情報

宗派

法華宗(日蓮宗)

御本尊

  • 三宝尊(さんぼうそん)

所在地

京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522-1

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました