正運寺の御朱印情報/京都市中京区

中京区

京都市中京区にある「正運寺」の御朱印を紹介をします。

御朱印

正運寺の御朱印

※洛陽三十三所観音霊場第26番札所

境内案内

加藤清正の重臣・飯田覚兵衛が開基

正運寺は、かつて安産寺と呼ばれ、女性の信仰を篤く集めていました。
加藤清正公の重臣・飯田覚兵衛(いいだかくべえ )を開基とし、深誉上人を開山として慶長5年(1600年)に創建しました。

天明8年(1788年)に、天明の大火により類燃し、今の建物はのちに再建されたものです。

観音堂に安置されている十一面観音菩薩像は、大和国・長谷寺の本尊と同木といわれています。

寺院情報

宗派

浄土宗鎮西派

御本尊

  • 阿弥陀仏像(あみだぶつぞう)

所在地

京都市中京区蛸薬師通大宮西入因幡町112

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました