福勝寺の御朱印情報/京都市上京区

上京区

京都市上京区にある「福勝寺」の御朱印を紹介をします。

御朱印

福勝寺の御朱印(聖観音)

※洛陽三十三観音霊場第29番札所

境内案内

「桜寺」とも呼ばれる

竹林山と号する福勝寺(ふくしょうじ)は 、真言宗の宗祖・弘法大師によって、河内国古市郡中村(現在の大阪府羽曳野市)に創建されましたが哀退したと伝えられています。その後、正嘉年間(1257~59年)に覚済僧正(別名山本僧正)によって、 京都油小路五条坊門に再建されました。以後、三度の移転を経て現在の地(出水通り千本西入る)に移りました。

年中行事として、弘法大師が唐の国で師として仕えた三蔵国師青龍寺恵果和上より伝授され当寺創建とともに伝えられた如意宝珠と歓喜天の秘法を、大寒より七日間行い、祈祷された瓢箪を節分会(2月3日)に授与しています。この瓢箪は朝廷の厚い庇護を受け、明治時代以前には、朝廷と幕府の為だけにご祈祷していました。

歴代天皇から厚い帰依を受け、後陽成天皇と後西天皇は勅願寺にされています。聖観音菩薩は後西天皇の勅願を受け、その願いが成就されたのち「観世音菩薩」の名号とともに紫宸殿の左近の桜の分木を下賜されたことにより、「桜寺」と呼ばれるなりました。

寺院情報

宗派

真言宗善通寺派

御本尊

  • 薬師如来(やくしにょらい)

所在地

京都市上京区出水通千本西入七番町323-1

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました