西光寺の御朱印情報/京都市中京区

京都市中京区にある「西光寺」の御朱印を紹介をします。

スポンサーリンク

御朱印

西光寺の御朱印(寅薬師如来)

※京都十二薬師霊場第11番札所

境内案内

「寅薬師」として親しまれている

西光寺は浄土宗西山深草派の寺院で、山号を北亀山と号します。
弘安年間(1278~1288)後宇多天皇から下賜され、寅薬師と称した薬師如来を安置するため、御倉堂(薬師堂)を建立したのが始まりと言われています。この薬師如来は弘法大師が一刀三礼し刻んだもので、寅の日の寅の刻に完成した事から、その名がついたと伝えれれています。薬師堂の安置された寅薬師如来は、お参りする多くの人々で賑わい、人々にに親しまれる中でやがて「寅薬師」が「西光寺」の通称となりました。
お堂は天明8年(1788年)と元治元年(1864年)に焼失、元治2年(1865年)に再建されましたたが、明治44年(1911年)に焼失し、大正2年に仮堂宇として再建し現在に至ります。

寺院情報

宗派

浄土宗西山深草派

御本尊

阿弥陀如来(あみだにょらい)

所在地

京都市中京区新京極通蛸薬師上る中筋町495-1

公式サイト

地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
レクタングル(大)