白雲神社の御朱印情報/京都市上京区

上京区

京都市上京区にある京都御苑「白雲神社」の御朱印を紹介をします。

御朱印

白雲神社の御朱印

境内案内

楽神「妙音弁財天」を祀る社

現在「京都御苑」とされる地域には、かつて、御所を中心として、公家町があり、大きな公家の屋敷には鎮守社が祀られていました。明治に入って公家屋敷が撤去されましたが、かつての鎮守社に起源を持つ神社が現在まで残っています。

京都御苑にある旧西園寺家の鎮守「白雲神社」は、室町時代の元仁元年(1224年)に、西園寺公経が北山殿造営の際に建立した妙音堂がその由来とされています。江戸時代の明和6年(1769年)に、西園寺邸が京都御苑内に移った際に、妙音堂も移築されました。明治維新後、西園寺家が東京へ移った際に、「白雲神社」と改名されました。

御祭神の「市杵島姫命」は、琵琶を家職とする西園寺家に楽神として伝えられていて、「妙音弁財天」とも呼ばれ、音楽の神様としても信仰されています。

神社情報

御祭神

  • 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

所在地

上京区京都御苑内

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました