妙心寺塔頭 大雄院の限定御朱印情報/京都市右京区

右京区

京都市右京区にある妙心寺塔頭「大雄院」の限定御朱印を紹介をします。

御朱印

大雄院の御朱印(​釈迦牟尼仏)

大雄院の御朱印(福寿/わらべ地蔵)

大雄院の御朱印(福寿/わらべ観音)

境内案内

尾張石河家の香華所

大雄院(だいおういん)は、慶長8年(1603年)に尾張藩家老であった石河光忠(いしこみつただ)がその父の菩提寺として慧南玄譲を開祖に迎えて建立されました。このことより、大雄院は尾張石河家の香華所となっています。
諸堂伽藍のうち、客殿と書院は享保11年(1726年)に再建されたもので、庫裏は江戸末期に改築されました。客殿(現在は方丈として使用)の襖絵は、江戸末期から明治初期にかけて活躍した柴田是真の作です。また、山門・本堂・庫裏は京都府指定文化財となっています。

大雄院は通常非公開寺院です。御朱印授与日はホームページやSNSでお知らせされます。

大雄院 秋の特別拝観の御朱印

大雄院 秋の特別拝観の御朱印

平成の大雄院 襖絵制作プロジェクト寄付記念御朱印​

平成の大雄院 襖絵制作プロジェクト寄付記念御朱印​

妙心寺の御朱印

妙心寺の御朱印情報

寺院情報

宗派

臨済宗妙心寺派

御本尊

  • 釈迦牟尼(しゃかむに)

所在地

京都市右京区花園妙心寺町52

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました