城南宮の限定御朱印情報/京都市伏見区

伏見区

京都市伏見区にある「城南宮」の限定御朱印を紹介をします。

御朱印

城南宮(9月参り)の御朱印

※授与期間は9月参り期間中です。

境内案内

神紋「三光の紋」

平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建された神社です。現在も、「方除(ほうよけ)の大社」として人々に親しまれています。

城南宮の神紋は非常に珍しく、「三光の紋」と呼ばれるものです。三光とは、太陽、月、星のことです。神紋の由来は、神功皇后が新羅遠征の際、軍船に立てた旗にこの紋章があったのだそうです。その旗をこの神社に納めたことから、この紋が神紋として使われるようになったそうです。

「菊」の巫女神楽

正月・5月・9月はお参り月とされ、このことを「正五九(しょうごく)参り」といわれています。城南宮では、神楽殿の表舞台で、それぞれの季節に合わせて「梅」「藤」「菊」の花を手にした巫女が神楽を舞いを披露されます。 花守りを授与される方には、美容健康と招福を祈願し、巫女が神楽鈴でお祓いします 。

城南宮の御朱印情報

城南宮の御朱印情報

城南宮(5月参り)の限定御朱印情報

神社情報

御祭神

  • 国常立尊(くにのとこたちのみこと)
  • 八千矛神(やちほこのかみ)またのご神名を大国主命(おおくにぬしのみこと)
  • 息長帯日売尊(おきながたらしひめのみこと)またのご神名を神功皇后(じんぐうこうごう)

所在地

京都市伏見区中島鳥羽離宮町7

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました