葛井寺の御朱印情報/大阪府藤井寺市

藤井寺市

大阪府藤井寺市にある「葛井寺」の御朱印を紹介をします。

御朱印

葛井寺の御朱印

※西国三十三所観音霊場第5番札所

葛井寺の御朱印(御詠歌)

※西国三十三所観音霊場第5番札所

「参るより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲」

御詠歌

葛井寺(蓮華王)御朱印

境内案内

日本最古の千手観音像

葛井寺(ふじいでら)は、紫雲山と号し、また剛琳寺とも称します。神亀2年(725年)、聖武天皇の勅願で行基が創建し、古子山葛井寺(紫雲山金剛琳寺)の勅号を得たとされ、平安時代になって平城天皇の皇子・阿保親王が再興したとされています。


永長元年(1096年)には、大和国賀留の里の住人・藤井安基が、荒廃した伽藍を修理したと伝えられています。また、南北朝時代には楠木正成が陣をしいたことがあるなど、たびたび兵火にさらされました。
当寺の伽藍は東西2つの三重塔をもつ薬師寺式伽藍配置でありましたが、明応2年(1493年)の兵火と永正7年(1510年)の地震で堂塔を失い、現存する建物は近世以降の再建されたものです。


本尊の乾漆千手観音坐像(十一面千手千眼観世音菩薩像)は、奈良時代の作品であり、国宝に指定されていて、西国三十三所観音霊場のひとつです。毎月18日以外は開扉されない秘仏でもあります。

寺院情報

宗派

真言宗御室派

御本尊

  • 十一面千手千眼観世音菩薩(じゅういちめんせんじゅかんのんぼさつ)

所在地

大阪府藤井寺市藤井寺1-16-2

公式サイト

地図

created by Rinker
¥2,300(2019/08/21 15:01:16時点 楽天市場調べ-詳細)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました