サムハラ神社の御朱印情報/大阪市西区

大阪市西区にある「サムハラ神社」の御朱印を紹介をします。

スポンサーリンク

御朱印

サムハラ神社の御朱印

境内案内

田中富三郎が自費で建立

サムハラ神社は、昭和10年(1935年)に田中富三郎が出身地の岡山県苫田郡西加茂村(現・津山市加茂町)にて旧い小さなほこらの荒廃を嘆き再興したのが起源です。しかし、翌年岡山県特高課から無許可神社で商品広告しているとして自主撤去を求められました。戦後に、ほこらは再建され、神社は大阪中之島の豊国神社隣接地に自費で建立しました。昭和36年(1961年)に、現在地へ移築遷宮されました。


サムハラとは不思議の4文字で、身を守ると言われています。これは漢字のような文字ですが、神字であり漢字とは異なりますので、活字変換は不可能です。サムハラは無傷無病、延命長寿の神として知られていて、各地の寺社のお守りの呪文にも使用されています。

神社情報

御祭神

サムハラ大神
・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
・高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
・神皇産霊神(かむむすびのかみ)

所在地

大阪市西区立売堀2-5-26

公式サイト

地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




ブログランキング

投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ 

フォローする

リンク広告




スポンサーリンク
レクタングル(大)