石切劔箭神社・石切劔箭神社上之宮の限定御朱印情報/大阪府東大阪市

東大阪市

大阪府東大阪市にある「 石切劔箭神社」「石切劔箭神社上之宮」の限定御朱印を紹介をします。

御朱印

石切劔箭神社の御朱印(石切丸)

※ 宝物館公開時に石切剣箭神社で頒布

石切劔箭神社上之宮の御朱印(小狐丸)

※ 宝物館公開時に石切剣箭神社上之宮で頒布

境内案内

石切剣箭神社宝物殿には太刀「石切丸」と小刀「小狐丸」ほか御神鏡などを展示しています。常設展示ではなく、春(4月)と秋(10月)の大祭時にのみ一般公開されます。

太刀「石切丸」

太刀「石切丸」は、銘が「河内有成」となっています。有成は平安時代の刀工・三条有成のことですが、その正体は三条小鍛冶宗近だと言われています。現在は重要美術品に指定されています。

小刀「小狐丸」

小刀「小狐丸」は第66代一条天皇が夢で「三条宗近に守り刀を打たせよ」とのお告げを受けたました。直ちに橘道成を使者に立て、勅命を三条小鍛冶宗近に伝えましたた。国家鎮護の太刀を打つという重大な仕事に対して、仕事に見合った相槌を振るう弟子がいないと悩み、合槌稲荷神社(正一位合槌稲荷大明神)に大願成就を祈願すると、使いの狐が現れ合槌を振り、打ち上げた刀と言われています。

石切劔箭神社・上之宮の御朱印

石切劔箭神社の御朱印情報

石切劔箭神社上之宮の御朱印情報

合槌稲荷神社の御朱印情報

御祭神

神社情報

  • 饒速日尊(にぎはやひのみこと)
  • 可美真手命(うましまでのみこと)

所在地

大阪府東大阪市上石切町2丁目34−14

公式サイト

地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

タイトルとURLをコピーしました